緊急レポート 家づくりの常識を疑おう
無料小冊子 成功する家づくり七箇条
カリフォルニアスタイルの分譲地
イベント見学会情報
建築家 Yatto Suzuki
カリフォルニアの家づくり研究家
カリフォルニアの家づくり研究家
ヨーロピアン集合住宅 PRIMA
メールマガジン
カリフォルニアの家ブログ

   
スタイル
コンセプト
資産価値を高める”街”
サンクレストホームズの基本仕様
ドライウォール
100年定借ミツヤガーデンシティー
ブロードバンド配信
リンク
資料請求
土地分譲
北陸リビング社トップページ

  過去のイベント見学会情報
  無料設計相談会
 
  スタッフブログ
  ミツヤガーデンシティカルチャークラブブログ


スタイル

サムネイル(小さい画像)にマウスを合わせると、画像が切替ります

1890年代にカルフォルニアにおいて始まったもので、アーツアンドクラフト運動から生まれたスタイル。 バンガロウスタイルの発展形。 軒の庇に化粧端(鼻)を強調した幅広い張り出しがある。緩い勾配の切妻屋根による大屋根形式の住宅で、屋根のかかったポーチが正面玄関にある。このクラフツマン様式は1920年代においては、全米中のサマーキャンプ地の住宅や、普通の郊外住宅に採用された。


地中海に面している国々に多く見られる建築様式を取り入れたスタイル。スパニッシュスタイルを基本として考えてかまわないが、スタイルの要素にイタリアネイト、ミッション、ルネサンス、フレンチ、グリークなどのスタイルを形成する要素を取り入れた様式の総称をメデトリニアンスタイルと呼んでいる。



アメリカ初期の開拓者の各出身国(イギリス・フランス・オランダ・フレミング・スウェーデン・ドイツ・スペイン)の建築様式が基になって広まったアメリカン・トラデショナルスタイル。伝統あるヨーロッパ建築が、アメリカの技術力と合理化によって一般大衆へと広められた。伝統の良さを残しつつ、且つコストパフォーマンスに優れた住宅がアメリカンハウスである。






 
アクセス解析